より良くDASU方法について
毎日blog発信中です↓

たとえば介護中

介護をしている家族、介護者は、

初めての「老い」を歩む家族の側で

悩み、迷い、不安を覚える事があります。


そんな気持ちに寄り添い、

思考の整理をさせてもらう事で、

介護者の揺れる心が柔かさを取戻し

お互い ふっと肩のチカラが抜ける、

介護生活につなげる事ができたら。



また、

プロの介護職として

サービスを提供する側は、

的確なアセスメントのもと、

安心で、安全なケアを提供することは

もちろん大切です。


そして、これからは、

世界の誰も経験していない

高齢社会を生きる日本。

どんな道を作っていくのか、マクロな進化も求められています。


だけどそれと同じく、

いや、もしかするとそれ以上に

重要視されるのは

「介護に関わる双方の心のケアだ」

わたし自身が、祖父の介護を経験し、

そのトイレのケアに躓いたのをきっかけに

ストレスが手放せなくなったとき

確信しました。


大切な人の為に、みんな一生懸命。


大切で、大好きだからこそ、

自分のことをさておいてしまったり、


「介護はこうあるべき」

「疲れたなんて、言ってはいけない」

「家族なんだから、介護するのが当たり前」


・・・こうするべき、しなきゃ、に縛られると、

心も体も硬くなってしまって、溜めこんでしまう。


自分の好きなことも、

「その人らしさ」

も、見えなくなってしまいます。


ありたい自分を持ちながらも、

自分の思う事、感情は素直に飾らず、

出せるように。


より良い排泄の出し方と一緒に、

心のより良い出し方も、一緒に。


『認めたくない感情も、身体が出す老廃物も、

ありのまま 自分に何があるかを知って、

いったん受け入れて、

認めてあげる』


そこから、お手伝いさせてもらいたい。


介護の基本と言われる、排泄ケアも、

堅苦しい講義ではなく、

する方もされる方も、気持ち良い方法を

お伝えします。



「介護」という時間が、

お互いをもっと生きる、生き抜いた証の

幸せな思い出になれるよう

後悔の少ない、生き方に繋がりますように。


Contact

mail

dasucare.lab@gmail.com


Facebook

https://www.facebook.com/misato.dasucare