シルバー新報様「暮らし拡がる福祉用具」第12回掲載

 "福祉用具プランナー” 

という認定資格はご存知ですか?


テクノエイド協会が提唱する、福祉用具の専門職です。


その、福祉用具プランナーを持つ方が中心となる団体、

『福祉用具プランナー協会ネットワーク:通称PLANNET』が担当している

シルバー新報「暮らし拡がる福祉用具」連載12回目を書かせて頂きました。

(プラネット関西支部のメンバーです)


現在、DASUケア現場サポートとして関わっている

「社会福祉法人 明照会」様 での訪問看護、ショートステイ

ご利用の利用者様の褥瘡(じょくそう)の課題にチームケアで取り組んだお話です。


とっても素敵なご夫婦のお二人でした。

訪問に同行する度に、何が一番旦那様にとって、

奥様にとって心地よい方法なんだろうかと、試行錯誤の内容です。

「介護・看護の専門職が行うケアと家族が「できる」ケアには違いがある」

改めて、使える方法や、道具でないと意味がないのだと、考えさせられています。

シルバー新報のご担当の方、そして依頼を下さったプラネット代表、副代表へ、
深く深く感謝申し上げます。

本当にありがとうございますm(_ _)m


DASUケアLAB

シッカリ出して、 スッキリ生きる。 単なる排泄だけじゃなく、 必要の無くなった想いまで。 より良く出すところから、 すべては始まる。 そんなお手伝いをさせて下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000