東大阪 第36回 花咲かせ塾

2017年2月15日 
大阪府東大阪市を拠点として活動している「花咲かせ塾」。
第36回での「より良い出し方・コンチネンスケアのい・ろ・は」と題しての2時間でした。


人生のラストに、笑いと生きがいを、と全国で活動を広げている
日本介護エンターテイメント協会代表の

作業療法士 石田竜生氏

「心が動けば、体が動く!」をモットーに、心と体のリハビリの融合「リラクゼーション・リハビリ」“リラリハ”を提唱している

理学療法士の 十河 浩二氏

東大阪市を拠点に、共同で毎月開催を続けている「花咲かせ塾」


職場・職種の垣根を越え「可能性の種を発見し自分らしく花咲かす」がテーマ。

人それぞれが持つ自分の強みを見つけ、磨いていくこと。 
花咲かせ塾は、共育の実践で「あなたらしく花咲かせるための種」を見つけていきます。
 あなたのやるべきことが鮮明に結晶化されれば、
実現に向け必要な情報や現象を引き寄せていくはず。


今回お伝えしたかったのは、

DASUケアにおいて、キーとなる

「自分の価値観を知る」
「はかる事でわかる事」の2つ。


当たり前に通り過ぎてしまう「排泄」を、もう一度見直してみる。


そんな自分の価値観を改めて振り返る質問などを取り込みました。


介護の世界に関わる方、他人の生活生きることを支えようとする方は特に、

自分の事を考える間もなく「他人の為に」…と
ベクトルが向いている方が多いです。
(自分自身の介護職・家族介護者時代もそうでした)


自分のために時間を作る事が、 ケアに活きてくること。


DASUケアのセミナーの中で、

お伝えすることを大切にしています。

DASUケアLAB

シッカリ出して、 スッキリ生きる。 単なる排泄だけじゃなく、 必要の無くなった想いまで。 より良く出すところから、 すべては始まる。 そんなお手伝いをさせて下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000